リレンザ

十分な睡眠、光クリエールでの予防やリレンザの投与

毎年冬の時期になるとインフルエンザが流行しますので、仕事や学校で外に出なければならない人は、細心の注意を払う必要があります。インフルエンザにかぎらず、病気というのは睡眠不足やストレス、かたよった食生活といったことによる免疫力の低下がもとになって発症しやすくなるといえますので、日々の睡眠や食事を充実したものにするということは、心がけとしてたいへん重要なことです。
また、睡眠などのほかにも、たとえば室内の加湿といった物理的な対策というのも効果があります。インフルエンザウイルスというのは、湿度が高い環境では生きられないという特徴がありますので、加湿器を使って室内の湿度を十分に保てば、インフルエンザの予防につながるというわけです。ただし、加湿器の水がかえってカビや雑菌の繁殖をうながしてしまうようでは問題ですので、光クリエールのような最新の加湿器を使うほうが安全です。光クリエールは加湿器の一種ですが、内部に電子を照射して除菌するシステムを搭載しています。そのため、通常の加湿器では水のトレイなどに溜まりやすかった雑菌も、光クリエールであればかんたんに分解できるのです。
このような対策をしてもなおインフルエンザにかかってしまった場合ですが、市販の頭痛薬などでは症状の改善は難しいため、病院を受診することがすすめられます。病院ではリレンザなどの抗インフルエンザ薬が処方されるのが通例です。リレンザはインフルエンザウイルスがたまりやすいのどの奥に薬剤を吸入するタイプですので、正しく使えば症状をはやく改善させる効果があります。ただし、リレンザの効果は発症から48時間以内に投与された場合に限りますので、はやく診察を受けることです。