リレンザ

体重に関係なく同じ量を摂取する便利な粉末薬リレンザ

インフルエンザが流行する季節、予防接種をしていてもかかってしまう方はどうしてもいらっしゃいます。その際に使用される抗インフルエンザウィルス薬の一つとして、リレンザというお薬があります。
リレンザは、シートに入った粉末状の薬を、専用のケースを使用して吸引するという、従来の飲み薬などとは大きく違う形状です。
また、飲み薬タイプの抗インフルエンザ薬は、体重によって処方量がかわってくるのに対し、子供から大人まで体重に関係なく同じ量を摂取するという便利なものでもあります。その量も大量ではなく、一度に吸う量は本当に微々たるものです。
そしてこの薬は、ストローでジュースが飲めるくらいの吸う力があれば簡単に内服できます。そのため、嚥下機能が落ちてきている老人の方や、味がまずい薬は飲めない・飲んでくれないというお子様にも使用できるメリットがあります。
粉薬しか飲めない大人の方や体重の大きなお子様などは、粉薬を大量に飲まずに済みます。粉末状のリレンザを吸うだけで良いのです。従来の粉薬の抗インフルエンザ薬は価格も高いため、お財布にも優しい、リレンザです。
もちろんデメリットもあり、かすかな粉末を吸入するため、本当に内服出来たかどうかわからなくなることもあります。特に、こういったことはお子様によく見られます。吸引口が太い筒状になっているため、「吸う」と「吐く」を間違ってしまい、内服を失敗してしまうケースも時にはあります。そのため、「吸う」を理解できない幼いお子様や認知症の方には使用できません。
こう言ったメリットやデメリットを踏まえた上で、その人に合った抗インフルエンザウィルス薬を選択し、治療していくことが大切です。